暮らしのお役立ち情報

好みの素敵なインテリアを実現するには?人気のインテリアテイストご紹介【そのぁ

岡田 佳織
建築デザイナー:
岡田 佳織
好きな家具を購入して置いたけれどなんだか周りと合わずしっくりこない・いろいろ好きなものがあるけれど、どれを選んでいいのか分からない。

そういった方も多いのではないでしょうか?


インテリアテイストには様々なものがあります。
その中で上手くコーディネートしていくには、
どういったテイストにしていくか、方向性を決めることが大切です。



それでは、どのようなテイストがあるのでしょうか?
人気のテイストをご紹介したいと思います。

≫前回ご紹介した【その 【その◆【その】はこちら≪
 

レトロ/アンティーク/ヴィンテージ
 

レトロ(Retro) とは retrospective(回顧) の略で、「懐古趣味」のことを言います。
古き良きものを懐かしみ愛好するスタイルです。

アンティークとは、古美術・骨董という意味。
定義としては、製造から100年を経過した手工芸品や美術品のこと。

アンティークが100年以上経過したものであるのに対して、
ヴィンテージは100年に満たないものをいいます。

 



レトロ・アンティーク・ヴィンテージと意味合いは異なりますが、
新しい物よりも古いものを好むところは共通です。
どこか懐かしく、味わい深い素材や家具で揃えるのが特徴です。

ヴィンテージには、古材・ヴィンテージ加工した素材・レザー・アイアンなどが合います。





 

カフェ風

カフェのようにオシャレでくつろげるダイニングのあるカフェ風テイスト。
ナチュラルをベースに、相性の良いヴィンテージやレトロなテイストを
プラス
するといいですね。



素材は木材をベースに、アクセントとしてタイルアイアンを。
照明には裸電球のようなシンプルなもの、
またはレトロなデザインのペンダントライトを取り入れます。

飾り棚などを設けて小物を飾ったり、お気に入りの調理器具を見せておいたり
カフェで過ごすような、ゆったりとしたひとときが過ごせることでしょう。






永家舎では、お客様の趣味志向に合わせた多彩なデザインをご提案しています。
そのインテリアにマッチするよう、TVボード・ダイニングテーブル・カウンター等
様々な家具をオーダーメイドでお造りしています。

下の画像をクリックしていただくと、詳細ページに飛べるようになっておりますので
是非、ご覧ください!




 

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK