福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

リノベーション日記RENOVATION DIARY

お役立ち日記

ご自宅の玄関まわりをスッキリさせよう

積算課 加藤愛佳
サポートメンバー:
積算課 加藤愛佳
古くなった我が家をリフォーム・リノベーションする際、
収納をもっと増やしたい!と考える方が多いのではないでしょうか。

収納の中でも、家に入ってすぐ目にする玄関収納
来客があった時には、なるべくスッキリとしていたいし
自転車や外で使うアウトドア系の物も、脇玄関スペースにでも置けたら置きたいし…

などなど、気になることがたくさんありますよね。
今回は、基本的な玄関まわりの収納についてご紹介します。
 

1.扉付き収納






扉が付いた玄関収納は、急な来客があった際に特に便利です!
ごちゃごちゃとした印象を受けず、すっきりとした見た目なので
脇玄関がない方にオススメです。
扉が付いているので靴の臭いが周りに広まらず、
ホコリも比較的溜まりにくい
です。
また、鏡が付いているものを選べば、手軽にお出かけ前の
身だしなみをチェックすることもできますね。

キャビネットの形状は以下の3つに分かれています。

.Εールキャビネット

フロアーキャビネットの上部に位置します。
出し入れが少ない季節ものを置くと便利です。
 

▲侫蹈◆璽ャビネット

よく使う靴や重いものをしまっておくと便利です。
上はカウンターなので、お花や雑貨などを飾ることが出来ます。
 

トールキャビネット

たくさん収納したい方にオススメです。

それぞれのキャビネットを組み合わせることで、
暮らしに合った収納にすることが可能です。

 

2.棚板収納



             引用:南海プライウッドカタログより

最近インスタグラムや雑誌等でよく見かける収納で、
自由に棚の高さを調整できるオープンの収納です。
何が置いてあるのか一目瞭然なので、
外出・帰宅時の行動を効率的にすることが出来ます。

また、扉が付いていない為、湿気が溜まりづらい利点もあり、
”見せる収納”として靴や雑貨のコレクションを並べる楽しみもありそうです。
脇玄関を設ける場合は、特にオススメです。


今回は2つの玄関収納についての特徴をご紹介しました。
永家舎では、収納に関しても設計士がお客様の暮らしに合わせた提案や
アドバイスをしていますので、お気軽にお声がけください。


そして、永家舎ホームページの実例紹介の部位検索「玄関」から、
実際に当社で建てた物件の玄関の様子を見ることが出来ます!
是非チェックしてみてくださいね。

リノベーション実例はこちらから
民家再生実例はこちらから

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK