福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

リノベーション日記RENOVATION DIARY

お役立ち日記

リノベーションで深い軒下を楽しむ

大久保 裕幸
建築デザイナー:
大久保 裕幸

何故、日本家屋の軒は深くなっているのか?

それは

夏の日差しを遮る為

冬の日差しを取り込むため

雨や雪から外壁を守る為

が主な理由です。
深い軒の住まいは、日本家屋の特徴でもあり、デザイン性の意味でも私は大好きです。


 

最近では、狭い敷地の新築住宅を中心に軒の出の短い「軒ゼロ住宅」を見かける事があります。



しかし、最新の調査では軒ゼロ箇所では雨漏れが非常に多いことが分かってきたそうです。
なんと雨漏れの発生リスクは通常の5倍



もし採用するなら、かなり慎重な施工と、しっかりとした施主様への説明が必要となりそうです。

 
リノベーションや民家再生では、せっかくある深い軒を利用したい!!

私たちの住まいづくりでは、深い軒下を利用した様々なご提案を行っております。




深い軒下を利用したウッドデッキ。
くつろいだり、子ども達を遊ばせたり、バーベキューをしてみたり…
色々な楽しみ方ができますし、軒下なら洗濯物を干してみたりと実用的な使い方もできます。



その他にもいろんな使い方をご紹介します。



玄関横の軒下スペースにベンチを設置。
ご近所さんとのいど井戸端会議スペースになりました。



畑仕事があるお住まいの軒下スペースは、洗い場を設けることで、収穫した野菜を洗って干すことが簡単に出来るようになりました。

このように、深い軒下を有効活用する様々なご提案を行いながら、お客様のこれからの「したい暮らし」を実現できるよう精一杯お力にならせていただいております!

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK