福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

リノベーション日記RENOVATION DIARY

お役立ち日記

窓辺を制する者は、家の快適を制す!

堀江 敏信
建築デザイナー:
堀江 敏信
働き方改革で最近、家でくつろぐ時間が増えたように思います。

そこで誰もが思うことは、「もっと快適に過ごしたい!」ではないでしょうか?
 
日経アーキテクチャーの調べによりますと、

住まいのお悩みランキング

 

第1位  熱い

第2位  寒い

第3位  結露

 


みなさん思うことは一緒ですね。
『夏涼しくて冬あったかい家』『じめじめしない快適な家』に住みたいですよね。
 
そこで、比較的安価にそれらの事を叶える工事(工夫)を3つご紹介したいと思います。
と、その前に・・・
 

家の中で一番熱が逃げているところはどこでしょう?
 






 
 
 

正解は窓です!


 

あくまでも家の間取りに左右されますが、
壁と比べると窓は、夏で6倍、冬で3倍も熱が伝わっていってしまいます。

違う言い方をすると、夏はどれだけ冷房しても外からの熱が入ってきて涼しくならない。
一方で、冬はどれだけ暖房しても室内の熱が逃げていき暖かくならない。

ということです。
 
 
 
話を戻しますが、
夏涼しくて冬あったかい家、じめじめしない快適な家に住みたい!という夢を叶える工事(工夫)がこちらです!
 

.ぅ鵐福璽汽奪掘米眩襦砲鬚弔韻 

窓の内側にもう一枚サッシを入れる工事です。




サーモカメラで確認すると一目両全ですね。
 
 

外部のシェード、もしくはシャッターで夏の日差しを入れない 

昔、「よしず」「すだれ」を窓の外側につけましたよね。
夏支度をおじいちゃんによく手伝わされたものです。
現代版すだれはワンタッチで日射を調整してくれます。

 

 

A襪里修个肪繁軸鏘颪鮹屬 

これだけでも体感温度は違います。
窓から入る冷気(冷たい空気)が暖気(暖かい空気)に変わり、足もとが暖かくなります。
 
 

いかがでしたでしょうか?
壁を壊さなくてもある程度は、夏涼しくて冬あったかい家に出来るのです。
 
ただし、インナーサッシを入れようにも施工が困難なケースや、従来の窓の結露がひどく、壁の中まで結露を起こしているケースは、いくら窓辺を快適にしても効果はあまり期待できません。

当社は建築の資格を持ったスペシャリストがお住まいの現状を確認しお客様に最適な改善策を提案させていただいております。


お気軽にご相談くださいませ^^
 

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK