暮らしのお役立ち情報

梅雨入り前にシロアリチェックを!

  • シロアリ
暖かくなると自然と外を出歩く人が増えますが、気温が上がって活発に動き始めるのは、なにも人だけではありません。
春から夏にかけてシロアリの被害が増加することは、世間的にもよく知られています。
 


永家舎のリノベーションでは事前に住まい診断を行いますが、その時点でシロアリの被害があるかどうかは、ほぼわかります。
床下の土台や柱が食われたような跡、土のようなものが細長いひも状に固まった蟻道(ぎどう)があれば、それはシロアリが潜んでいる証拠。
リノベーション計画は、シロアリ被害を受けているであろう部分の補修も含めて検討します。
    
皆さんご存じのようにシロアリは暗くて湿気のこもった場所を好むため、必然的に床下で繁殖することが多くなります。
昔の家には基礎を四角くくり抜いたような床下換気口がありますが、この換気口の前に物が置かれていたり、なんらかの理由でふさがれていたりすると、通気の効果が半減して床下の状態が悪くなり、シロアリの格好の巣になってしまいます。
 


換気口がふさがっていなくても、敷地内に池があるとか、ブロック塀に囲まれていて風通しがよくないなど、湿気の多い環境であれば、そもそも換気量が足りていないことも。
そんなときは『床下換気扇』を設置して、強制的に空気を入れ替えます。
 
このように、シロアリ被害の多くは床下で発生しますが、床や壁を解体していくと、稀に柱の上のほうまでシロアリに食われていることがあります。
その場合は、土台や柱を新しいものに入れ替えなければなりません。
 
もちろん、改修時には薬剤散布による防蟻処理も行いますが、薬の効果は5年ほどで切れてしまうため、持続的にシロアリを寄せつけない床下の環境づくりが、何よりも大切になってきます。
先ほど挙げた床下換気扇もそのひとつですが、必要に応じて土間コンクリートを打ったり、土台をヒバに入れ替えたりといった対策も。
場合によっては、建物の維持管理をしやすいよう減築などの提案をさせていただくこともあります。



これから、ますますシロアリの動きは活発になってきます。
家の中を歩いていて床がフカフカすると感じる場所があったら、その下の土台がシロアリに食われてしまっているのかもしれません。
傷は浅いうちに修復を。シロアリの羽らしきものや蟻道を見つけた場合にも、早めに点検されることをおすすめいたします。
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 内装デザイン

暮らしのお役立ち情報

2024年05月21日

建築デザイナー
木造だけじゃない、住まいの構造
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月15日

建築デザイナー
時を紡ぐ家
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月09日

建築デザイナー
家で、家族で育む学びの習慣
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年05月03日

建築デザイナー
新緑が彩る家、心地よい暮らし
暮らしのお役立ち情報
  • 間取り
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月27日

建築デザイナー
DNAに刷り込まれた、畳の心地よさ
暮らしのお役立ち情報
  • シロアリ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月21日

建築デザイナー
梅雨入り前にシロアリチェックを!
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 古民家再生
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月15日

建築デザイナー
嶺南地域ならではのロケーションを活かしたリノベーション
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • リフォーム

暮らしのお役立ち情報

2024年04月09日

建築デザイナー
中古住宅のリノベーションはコスト調整が肝
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • リフォーム

暮らしのお役立ち情報

2024年04月03日

建築デザイナー
春はリフォーム・リノベーションの季節!

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK