暮らしのお役立ち情報

嶺南地域ならではのロケーションを活かしたリノベーション

  • リノベーション
  • 古民家再生
  • 暮らしを楽しむ
同じ福井県内でも、嶺北地域と嶺南地域では気候風土が大きく異なります。
川端康成の小説『雪国』のなかに、
「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった」
という有名な一節がありますが、福井県では文字どおり今庄トンネルを境に天候が一変します。
そして、そんな気候風土の違いは住宅の特徴にも表れています。
 
まず、注目したいのは建物のデザインです。
積雪の多い嶺北では軒の位置が高く、雪が落ちやすいよう屋根の傾斜も急な建物が大多数を占めています。



それに対し、嶺南では埋もれるほどの雪はめったに降らないこともあり、軒が低く、屋根勾配も比較的緩やか。
全体の重心が低いせいか、古民家ながらどこかスタイリッシュな印象を受けます。
 
また、福井市をはじめとする旧北陸街道に沿った地区では屋根の妻側が正面を向いた妻入の『農家型』民家が多いのに対し、若狭方面では城下町である大野・勝山と同様に『町家型』の民家が多いのも特徴です。
 


次に、古民家の状態に着目してみましょう。
第二次世界大戦末期の福井空襲によって、福井市では市街地の8割以上が焼野原となり、多くの住宅が焼け落ちました。
敦賀市でも、敦賀空襲により7割もの住宅が燃えてしまいましたが、若狭地方は空襲による被害をほぼ受けておらず、今も築100年を超える古民家が数多く残っています。
 
さらに、嶺南の建物の状態がよいのは、雪の量も関係していると考えられます。
雪が少ないということは、建物にかかる負荷も小さいということ。その分、傷みが少なくよい状態を保てているのでしょう。
 
そして、嶺南地域の最大の魅力。豊かな自然。


若狭湾に面し、県境には山々が連なり、美浜町と若狭町をまたぐ5つの湖があるなど、地形の特性上、嶺南という地域はその全体が雄大な自然囲まれています。
 
永家舎でも嶺南地域の家は何件か手がけており、そのなかの一軒は昨年春の古民家バスツアーの見学ルートにも組み込まれました。
三方五湖が見える、築100年の若狭の古民家です。
2階に新設したピクチャーウィンドウには、見慣れたはずの三方五湖の絶景が絵画のように広がります。



嶺北の会社だからこそわかる、嶺南のよさ。嶺南の建物の個性。
永家舎では、嶺南エリア限定のリノベーション無料相談会も実施しています。敦賀以西でリノベーションをお考えの方は、ぜひお申し込みください!
嶺南エリア限定|リノベーション無料相談会
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生
  • 耐震

暮らしのお役立ち情報

2024年06月08日

建築デザイナー
伝統技術が紡ぐ、家の記憶
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年06月02日

建築デザイナー
福井の伝統工芸から学ぶ住まいづくり
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生

暮らしのお役立ち情報

2024年05月27日

建築デザイナー
古民家の息吹を現代につなぐ永家舎のリノベーション
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 内装デザイン

暮らしのお役立ち情報

2024年05月21日

建築デザイナー
木造だけじゃない、住まいの構造
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月15日

建築デザイナー
時を紡ぐ家
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月09日

建築デザイナー
家で、家族で育む学びの習慣
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年05月03日

建築デザイナー
新緑が彩る家、心地よい暮らし
暮らしのお役立ち情報
  • 間取り
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月27日

建築デザイナー
DNAに刷り込まれた、畳の心地よさ
暮らしのお役立ち情報
  • シロアリ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月21日

建築デザイナー
梅雨入り前にシロアリチェックを!

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK