暮らしのお役立ち情報

リフォームとリノベーション、どう違う?

積算課 田辺
サポートメンバー:
積算課 田辺
  • リノベーション
  • リフォーム
こんにちは、永家舎積算課の田辺です。
 
永家舎では、古くなったお住まいや使い勝手のよくないお住まいのリフォーム・リノベーションを行っています。
リフォームとリノベーション。違いをご存じない方、同じような意味合いで使われている方も多いかもしれませんが、実はそれぞれに異なる特徴があります。
 

 
リフォームには「つくり直す」という意味があり、建物だけでなく洋服の仕立て直しなどにも使われています。
建築では原状回復に近い意味合いで用いられ、古くなった部屋の模様替えをしたり、設備を入れ替えたり、メンテナンスをするなどして、元の状態に戻すことをリフォームといいます。
外壁の塗装や壁紙の貼り替え、キッチンやバスの入れ替え、屋根の防水工事、手すりの設置や段差の解消といった、ちょっとしたバリアフリー工事などもリフォームに含まれます。
 
対するリノベーションとは、もともとある建物に手を加えてよりよい状態にすることで、間取り変更や部屋の用途変更をともなう大規模な改修工事のことをいいます。
ライフスタイルに応じて使いづらい部分をなくし、快適性を向上させることが目的で、必要に応じて耐震や断熱性能を改善するための工事も行います。
 

 
リフォームに比べて高額になりがちなリノベーションですが、部分的に改修を行うハーフリノベーションならコスト調整もしやすく、将来を見据えて段階的に施工していくことも可能。
フルリノベーションの場合は仮住まいが必要ですが、ハーフリノベーションなら住みながら工事することもできますよ。
 
予算に応じてリフォームとリノベーションをうまく使い分け、あなたの“したい暮らし”を手に入れましょう。
 

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK