暮らしのお役立ち情報

伝統技術が紡ぐ、家の記憶

  • 古民家再生
  • 耐震

古民家のリノベーションにおいて、ときには家そのものを移動させる必要に迫られることがあります。そのような工法を「曳舞(ひきまい)」とか「曳家(ひきや)」といいます。


曳舞工事では、まず建物を基礎から切り離します。

その切り離した建物を、ジャッキを使って1.5〜2mほど持ち上げ、鉄道用のレールを敷いて、その上を少しずつ移動させます。

高低差の大きい場所を移動させるとなると難しい場合もありますが、敷地内であれば、何メートルでも自在に移動させることができます。

 

住宅のリノベーションにおいて曳舞工事を行うのは、おもに「基礎を強化したい」という目的がある場合。

現代の住宅に比べると古民家の基礎は造りが簡易的なので、将来に向けての安全性確保のため、リノベーションを機に基礎を造り直そうというわけです。



20年ほど前までは、永家舎でも頻繁に曳舞工事を行っていました。

当時は今よりも二世帯同居のお客さまが多く、親世帯と子世帯の二馬力で改修のための資金を出し合っていたため、高額な曳舞工事も計画に取り入れることができたのです。

しかし、今は祖父母が建てた古民家を譲り受け、孫世代が一馬力でリノベーションするケースがほとんど。

そのため、曳舞工事に予算をかけることが難しくなっているのが現状です。

 

もともと、古民家の基礎は今の基礎とはまったく構造が違うため、現代の基準には適合しないものの、安全性が極端に低いというわけではありません。

必要に応じて補修や補強をしながら、あとは暮らしの部分に焦点を当てて快適性を高めていく。それが、現代のリノベーションです。

 

永家舎の複合施設【さちの森】のちょうど真ん中にある、あずまやのようなコミュニケーション施設。


これは、もともとリノベーション展示場の門扉として使われていたものですが、複合施設の建築にあたり、曳舞工事によって数メートル北に移動させました。

規模としては大きくありませんが、昨今ではなかなか体験できない工事だっただけに、私たちにとっても貴重な機会となりました。

 

曳舞工事は、古民家の記憶を引き継ぎながら、新しい物語を紡ぐための技術です。

家を丸ごと持ち上げて移動させるという非日常的な光景の中に、古民家の可能性を切り拓く職人たちの熱意とこだわりを感じさせられますね。

暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生
  • 耐震

暮らしのお役立ち情報

2024年06月08日

建築デザイナー
伝統技術が紡ぐ、家の記憶
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年06月02日

建築デザイナー
福井の伝統工芸から学ぶ住まいづくり
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生

暮らしのお役立ち情報

2024年05月27日

建築デザイナー
古民家の息吹を現代につなぐ永家舎のリノベーション
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 内装デザイン

暮らしのお役立ち情報

2024年05月21日

建築デザイナー
木造だけじゃない、住まいの構造
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月15日

建築デザイナー
時を紡ぐ家
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月09日

建築デザイナー
家で、家族で育む学びの習慣
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年05月03日

建築デザイナー
新緑が彩る家、心地よい暮らし
暮らしのお役立ち情報
  • 間取り
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月27日

建築デザイナー
DNAに刷り込まれた、畳の心地よさ
暮らしのお役立ち情報
  • シロアリ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月21日

建築デザイナー
梅雨入り前にシロアリチェックを!

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK