暮らしのお役立ち情報

二世帯住宅の玄関、分ける?分けない?どう分ける?

  • 間取り
前回もお伝えしましたが、玄関というのはいろいろな人が訪れ、いろいろな人の視線にさらされる場所です。
(『おもてなしの心に機能性を付加し、よりよい玄関を』参照)
 
そのため、玄関を含めたリノベーションでは機能的な収納をつくり、できるだけ玄関をすっきり見せるよう配慮していますが、二世帯住宅の場合、それより先に考えなければならないのが「玄関をどう使うか」ということです。
 
ふたつの世帯が、ひとつの玄関を共有で使う。
あるいは、世帯ごとに玄関を設ける。
選択肢としては、このどちらかになります。
 
玄関を別に設ける場合、左右で世帯を分けたときには、1階部分に玄関をふたつ設けることになります。



上の写真は1階と2階で世帯を分けた二世帯住宅の、2階にある子世帯の玄関です。
1階と2階に玄関を設け、2階の住居へは屋外階段で出入りするパターンもあれば、1階に玄関をふたつ設けて、内部の階段で2階の住居へ上がるパターンもあります。 
 
ただし、分離型の二世帯住宅だからといって、必ずしも玄関がふたつ必要というわけではありません。
たとえば、玄関はひとつだけで、玄関ホールから先を世帯別に分けるという方法もあります。永家舎でも、比較的よく使う手法のひとつです。
 
下の写真は、玄関ホールの真ん中に入れた間仕切りを境に、左側が子世帯、右側が親世帯の住居になっています。



面積的にあまり余裕がない場合には、仕切り壁の高さを抑えたり、玄関収納の扉をなくしてオープンにしたりと、圧迫感をなくす工夫が必要ですね。



次の写真も、一見すると二世帯住宅の玄関のように見えますが、そうではありません。
左側が来客用、右側を家族用の入り口として使っています。



間仕切り壁を設けずに、建物の間口の広さによって、玄関を入ったところで左右へ分かれたり、場合によっては手前と奥で分かれたり。
この手法は、二世帯住宅の玄関にも応用できそうですね。
 
そのほか、わざわざ玄関は分けないけれど、なんとなく子世帯が表玄関を使って、親世帯は勝手口から出入りするというご家庭もあります。
とくに田舎の方では、玄関は来客用として使い、そこに住む人たちは日常的に勝手口から出入りしているというご家庭も少なくないようです。
 
玄関をどう使うのか、どう分けるのか。正解は、住む人によって違います。
まずは、お客さまと、そして家と対話をして、今あるものの中から、個々のライフスタイルにあった答えを導き出していきたいですね。
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生
  • 耐震

暮らしのお役立ち情報

2024年06月08日

建築デザイナー
伝統技術が紡ぐ、家の記憶
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年06月02日

建築デザイナー
福井の伝統工芸から学ぶ住まいづくり
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生

暮らしのお役立ち情報

2024年05月27日

建築デザイナー
古民家の息吹を現代につなぐ永家舎のリノベーション
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 内装デザイン

暮らしのお役立ち情報

2024年05月21日

建築デザイナー
木造だけじゃない、住まいの構造
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月15日

建築デザイナー
時を紡ぐ家
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月09日

建築デザイナー
家で、家族で育む学びの習慣
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年05月03日

建築デザイナー
新緑が彩る家、心地よい暮らし
暮らしのお役立ち情報
  • 間取り
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月27日

建築デザイナー
DNAに刷り込まれた、畳の心地よさ
暮らしのお役立ち情報
  • シロアリ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月21日

建築デザイナー
梅雨入り前にシロアリチェックを!

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK