暮らしのお役立ち情報

新築とリノベーション、どちらにするべき?

  • リノベーション
  • 費用
  • 暮らしを楽しむ
既存住宅をお持ちの方は「壊して新築するか」「リノベーションするか」で、皆さんとても迷われます。
永家舎はリノベーションが専門なので、弊社へ相談に来られる方というのは、もちろん「とりあえず話を聞きたい」という方も中にはいらっしゃいますが、最初からリノベーションと決めて来られる方も少なくありません。
 
ただし、お客さまが新築ではなくリノベーションを選択される理由として、大きく2つの考え方があるようです。
1つは「建て替えるより安くできるだろう」と思って、リノベーションを選択される方。
「すでに構造体があるのだから、その分は安くなるだろう」というのは、たしかによく言われることではあります。

しかし、費用対効果を考えるなら、新築の方がよい場合も多々あります。
昔の家は気密性がないので、いくら断熱しても新築ほどの性能は期待できませんし、面積が大きい分、フルリノベーションで間取りも内外装も変えようと思うとかなりの費用になります。
床や壁をはがしてみた、腐朽やシロアリの喰害が見つかるなど、想定外の補修が必要になる場合もあります。
 
つまり、性能や金額など数字だけを見ると、リノベーションするよりもコンパクトな新築の家に建て替えた方が費用対効果がよいというのは、わりとよくあることなのです。
お客さまがリノベーションを選択される理由。もう1つは、「その家に思い入れがあるから」。
 
以前、あるお客様が家を建て替えることになり、古家の解体工事に立ち会ったことがありました。
うれしそうに工事を見守る、30代のお孫さん夫婦とご両親。その傍らで、おばあちゃんがひとり涙を流していました。
「息子と孫の話を聞いて、建て替えは仕方がないのだと思った」
ところが、家が壊れていく様子を目の当たりにしたときの寂しさは、想像以上だったといいますに。
思い入れのない家を、無理にリノベーションする必要はありません。
永家舎はリノベ専門ですが、建物の状態を見て新築の方がよいと思えばグループ会社の永森建設をご紹介することもあります。
 
しかし、思い入れのある家ならば、多少古くても活かす方法を考える。残せるものは、できるだけ残してゆく。
前回の記事でもお伝えしましたが(「多くの人に知ってほしい、リノベーションの魅力」参照)、この考え方こそがリノベーションの醍醐味ともいえるのではないでしょうか。
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生
  • 耐震

暮らしのお役立ち情報

2024年06月08日

建築デザイナー
伝統技術が紡ぐ、家の記憶
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年06月02日

建築デザイナー
福井の伝統工芸から学ぶ住まいづくり
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生

暮らしのお役立ち情報

2024年05月27日

建築デザイナー
古民家の息吹を現代につなぐ永家舎のリノベーション
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 内装デザイン

暮らしのお役立ち情報

2024年05月21日

建築デザイナー
木造だけじゃない、住まいの構造
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月15日

建築デザイナー
時を紡ぐ家
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月09日

建築デザイナー
家で、家族で育む学びの習慣
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年05月03日

建築デザイナー
新緑が彩る家、心地よい暮らし
暮らしのお役立ち情報
  • 間取り
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月27日

建築デザイナー
DNAに刷り込まれた、畳の心地よさ
暮らしのお役立ち情報
  • シロアリ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月21日

建築デザイナー
梅雨入り前にシロアリチェックを!

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK