暮らしのお役立ち情報

お客さまの声に耳を傾け、潜在ニーズを知る

  • リノベーション

リノベーションを通して、お客さまの理想の暮らしを実現するために、永家舎では建築デザイナーが自ら接客を担当します。

 

私たちが大切にしているのは、お客さまの声に真摯に耳を傾け、その想いを深く理解すること。

 


お客さまとの本格的な対話が始まる前、設計のお申し込みをいただいた段階で、まず家具リストや問診票、ヒアリングシートをお渡しします。

ヒアリングシートは、ご家族お一人ずつご記入いただきます。休日や仕事の日の過ごし方、一日のスケジュール、新しい暮らしへの期待や現在の住まいへの不満など、プライベートな内容も含めて、事細かにお聞かせいただきます。

 

しかし、ヒアリングシートを見て、読んで終わりでは、お客さまの本当のニーズを汲み取ることはできません。

そこで、二段階目。対面での聞き取り。

私たちの仕事は、ここからが始まりです。

 

具体的にどういったことを質問するのかというと、たとえばリフォームへの動機となった困りごと。お客さまの顕在ニーズが、ここで明らかになります。

「今の住まいを、あとどれくらい維持していきたいか」といった点も、提案内容を大きく左右します。

 



また、現在の住まいの気に入っているところもお聞きします。

 

イヤなことばかりでなく、よい部分にも目を向けることで、それを活かす方法を一緒に考えます。

 

さらに、「したい暮らし」についても伺います。

お客さまの方で明確なイメージがない場合には、当社の事例をご覧いただき、そこから読み取れるお客さまの反応をもとに、こちらから暮らし方を提案することもあります。

この「したい暮らし」こそが、お客さまの潜在ニーズです。

 

私たちが販売しているのは、形ある“モノ”ではありません。目には見えない、お客さまの“暮らし”であり、“未来”です。

リノベーションというのは費用のかかることですが、「したい暮らし」という夢があるからこそ、わくわくと心を躍らせながら取り組んでいただけるのだと思っています。

 



お客さまにヒアリングシートをご記入いただくのも、リノベーションへの熱量を測ることが目的のひとつであり、その熱量に応えてお客さまの夢を形にしていくことが、私たち永家舎の使命だと考えています。

 

お客さまとの対話を通して、1つひとつの住まいに込められた想いを紡ぎ、理想の暮らしを実現していく。

永家舎のリノベーションは、そんなお客さまとの共創の旅なのかもしれません。

暮らしのお役立ち情報
  • 自然素材

暮らしのお役立ち情報

2024年07月14日

建築デザイナー
夏のベタつきを解消する、無垢の床
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年07月08日

建築デザイナー
リノベーションの優先順位を考える
暮らしのお役立ち情報
  • 家事ラク

暮らしのお役立ち情報

2024年07月02日

建築デザイナー
変わりゆく暮らしに寄り添う
暮らしのお役立ち情報
  • お手入れ
  • シロアリ

暮らしのお役立ち情報

2024年06月26日

建築デザイナー
湿気対策で守る、健やかな暮らし
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年06月20日

建築デザイナー
お客さまの声に耳を傾け、潜在ニーズを知る
暮らしのお役立ち情報
  • 内装デザイン

暮らしのお役立ち情報

2024年06月14日

建築デザイナー
リノベーションにおける内装の色彩選択
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生
  • 耐震

暮らしのお役立ち情報

2024年06月08日

建築デザイナー
伝統技術が紡ぐ、家の記憶
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年06月02日

建築デザイナー
福井の伝統工芸から学ぶ住まいづくり
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生

暮らしのお役立ち情報

2024年05月27日

建築デザイナー
古民家の息吹を現代につなぐ永家舎のリノベーション

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK