暮らしのお役立ち情報

木造だけじゃない、住まいの構造

  • リノベーション
  • 内装デザイン
日本の住宅というと、多くの人はまず木造の家を思い浮かべるはずです。
しかし、リノベーションを専門に手がける永家舎では、木造以外の構造で建てられた住宅に出会うことも少なくありません。
 
店舗兼用や市内中心部に多い3階建て住宅では、その強度と耐久性から鉄骨やRC(鉄筋コンクリート)で建てられたものが多く、バブル経済期になるとC造の戸建て住宅が『豪邸』『邸宅』などと呼ばれ、人気を博したことも。



やがてバブル経済が崩壊し、合理性が重視されるようになると、今度は大手ハウスメーカーによる軽量鉄骨造の家が普及し始めます。
 
しかし、構造の種類も一長一短。重量鉄骨やRCの建物は強度が高い反面、冬の寒さが著しいという大きな課題があります。
金属やコンクリートは木に比べて熱伝導率が高いため、外気の冷たさが室内に伝わりやすいのが原因ですが、リノベーションの際にはこの点をしっかり改善していかなくてはなりません。
まずは、きちんと断熱材を入れる。さらに内装を木質化することで、冷たい金属やコンクリートの印象を和らげ、暖かみのある室内環境を作り出します。
 


「暖かみ(温かみ)がある」とか「寒々しい」というのはよく使われる表現ですが、視覚的な効果が人に与える影響は大きく、感情だけでなく生理的な反応も呼び起こすといいます。
 
そのほか構造的なデメリットといえば、RC造の場合は階段もコンクリートで造られていることがほとんどなので、架け替えができないという点が挙げられます。つまり、その分だけプランニングに制限が出てしまう。
とはいえ、鉄骨やRCはもともと柱や梁などの骨組みだけで建物を支えているため、木造よりも自由度は高いのですが。



鉄骨やRCの住宅は、強度が高く長寿命であると同時に、固定資産という面からみても価値の下がりにくい、いわゆる『贅沢品』です。
定期的なメンテナンスを行い、水漏れや錆びを未然に防ぐことで、資産価値の高い住宅として、永く住まい受け継いでゆくことができるはずです。
 
永家舎には「木造じゃないからと他社で断られた」というお客さまも多数お越しくださいます。
鉄骨やRCの改修は経験ないから。プレハブ住宅は、そもそも改修してよいものかどうかもわからない。そういう住宅会社は、実は意外と少なくないのです。
 
現在、永家舎では【非木造住宅リノベーション相談会】を開催中です。
他社で断られた難しい案件も、永家舎にご相談ください!
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生
  • 耐震

暮らしのお役立ち情報

2024年06月08日

建築デザイナー
伝統技術が紡ぐ、家の記憶
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション

暮らしのお役立ち情報

2024年06月02日

建築デザイナー
福井の伝統工芸から学ぶ住まいづくり
暮らしのお役立ち情報
  • 古民家再生

暮らしのお役立ち情報

2024年05月27日

建築デザイナー
古民家の息吹を現代につなぐ永家舎のリノベーション
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 内装デザイン

暮らしのお役立ち情報

2024年05月21日

建築デザイナー
木造だけじゃない、住まいの構造
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月15日

建築デザイナー
時を紡ぐ家
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 間取り

暮らしのお役立ち情報

2024年05月09日

建築デザイナー
家で、家族で育む学びの習慣
暮らしのお役立ち情報
  • リノベーション
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年05月03日

建築デザイナー
新緑が彩る家、心地よい暮らし
暮らしのお役立ち情報
  • 間取り
  • 暮らしを楽しむ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月27日

建築デザイナー
DNAに刷り込まれた、畳の心地よさ
暮らしのお役立ち情報
  • シロアリ

暮らしのお役立ち情報

2024年04月21日

建築デザイナー
梅雨入り前にシロアリチェックを!

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK