暮らしのお役立ち情報

【施工事例】生まれ育った福井への帰郷を機に…

田邉 春希
建築デザイナー:
田邉 春希
  • リノベーション

こんにちは、永家舎建築デザイナーの田邉です。

本日は、当社のリノベーション施工事例をご紹介いたします。

〈お客様DATA〉
・大野市在住のY様
・ご夫婦(50代)、お母様

これまで、県外の都市部でマンションにお住まいだったY様。
将来的にマンションはお子さまに譲ることにして、退職後は生まれ育った福井県でお母様と一緒に暮らすことに。
それを機に、リノベーション計画がスタートしました。

(before)



 
建物自体は2階建てですが、ご夫婦の寝室も1階に配置して、平屋のように住みたいというのがY様のご要望でした。
そこで、使われていなかった1階の和室二間を夫婦の寝室につくり変えました。

間にクローゼットをはさんだ、二間の寝室。
Y様ご夫婦は「別室でゆっくり睡眠をとりたい」とのことで、一部屋ずつ個室として使用されていますが、一部屋を夫婦の寝室、もう一部屋をセカンドリビングとして使用するなど、状況に応じてご活用いただくことも。

 

築年数の古い家にはありがちですが、リノベーション前のお住まいはダイニングキッチン以外、全室和室でリビングがありませんでした。
そこで、ダイニングキッチンに隣接していた水まわりの位置をずらし、部屋を広げて、ご家族の暮らしに合うサイズのLDKに一新。

 
(before)

 

畑仕事のあとにひと休みできるスペースがほしいとのことで、サンルームとリビングの両方から出入りできるウッドデッキも設置しました。

数年に一度の豪雪に備え、雪下ろしの対策もしっかりと。
別棟の車庫を解体し、雨や雪の日でも出入りしやすいビルトインガレージも新設。

 

ちょっとしたリフォームであれば住みながらの工事も可能ですが、大規模なリノベーションになると、どうしても仮住まいが必要になります。
仮住まい期間を少しでも短く抑えるよう、今回はお母さまのお部屋を先にリフォームし、仮住まいに引っ越してから解体着工という2期工事で進めてまいりました。

 

新築以上に臨機応変な対応を求められるのが、リノベーションの難しさであり、面白さでもあるといえるでしょう。

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK