暮らしのお役立ち情報

三世代同居もリノベーションで安心・快適!

恩地 政雄
建築デザイナー:
恩地 政雄
  • リノベーション
こんにちは、永家舎建築デザイナーの恩地です。

共働き率が非常に高く、全国的にみても三世代同居が多いといわれる、福井県。

共働きなので、子育てを手伝ってもらいたい。
年をとった両親をふたりで住まわせるのは心配。
家賃や光熱費を浮かせて、少しでも貯蓄したい。
長男(長女)なので、家を継がなければならない。

同居の理由はさまざまですが、たいていの場合、若い夫婦がアパートを引き払って実家に入ることになります。



そのタイミングで、古くから三世代で暮らしていた既存の住まいを、二世帯住宅にリフォームしようと考える方も少なくありません。

80坪、90坪もあるような広い家は、解体するにもお金がかかります。
二世帯住宅は、どうしても面積が広く大きくなってしまうため、建築費も高額になりがちです。
そこで、「今ある家を二世帯向けにリノベーションしたらよいのでは?」という結論に行きつく場合が多いのでしょう。
三世代同居の多い、福井県ならではのリフォーム・リノベーション需要だといえますね。

リノベーションでも、アイデア次第で新築と同じような暮らしを手に入れることは十分可能です。
ご家族のコミュニケーションを重視した共用型。
適度な距離を保つことのできる、ゆるやかな分離型。
お互いのプライバシーを尊重した完全分離型。
どのようなタイプの二世帯でも、お客さまが考える暮らしに応じてご提案いたします。



改修部分の面積が広いほどコストは上がりますから、各部屋の使用頻度を考え、ポイントを絞ったリノベーションをすることで、新築よりもコストを抑えながら、新築並みに快適な新居を実現できますよ。

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK