暮らしのお役立ち情報

「木の家」の健康を科学する

恩地 政雄
建築デザイナー:
恩地 政雄
  • 自然素材

『無垢材の家に対するの印象評価の違いについて』


これついて実際の試験によりわかってきたことがあります。
(参照:木の家の健康を研究する会)


 

無垢材の家の快適さは年齢性別によって違う?
 

『無垢材を内装に使った木の家では快適に生活できそう。』
誰もが漠然とそう感じるのではないでしょうか?

ですが、無垢材の家で人は実際にどのような快適さを感じるのでしょうか?



無垢材の家の快適さは『性別』によって、受ける印象が大きく異なることがわかってきました。

具体的には女性の場合、
無垢材の部屋では、非無垢材の部屋より『居心地が良い、落ち着いている、明るい』
といった日常生活には大変重要で、かつリラックスに関係するような印象を
統計学的に有意に強く感じていることが分かりました。 


しかし、男性に対して同じように無垢材と非無垢材の印象を尋ねてみたところ、
明確な差異は見られませんでした。
その理由は解明されていません。


“男性よりも女性のほうが五感が優れている”とよく聞きますが、
無垢材の素材感や仕上がり感に関しても、女性の方が鋭敏なようですね。


住まう人がより快適に暮らすためには、素材へのこだわりも大切です!


永家舎のリノベーション展示場は、内装・外装ともに無垢材を使用しております。
無垢の居心地の良さをぜひ体感しに来てください!
(展示場ページはこちらから)



 

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK