福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

リノベーション日記RENOVATION DIARY

お役立ち日記

外壁のメンテナンス

宮川 治之
工務スタッフ:
宮川 治之
永家舎では、民家再生・リノベーション工事以外でも、色々な工事を承っております。
今回はその中で、外壁の塗替え工事についてお話します。
 
既設の外壁が※1窯業系サイディングの場合、環境にもよりますが早い場合5年、通常10年〜15年で表面が色あせてきて白い粉の様なものが浮いている状態になります。(いわゆるチョーキング現象)
ほっておくと外壁の表面にヒビが入ったり、剥がれたりしていきます。
サッシ廻りや継ぎ目部分の
※2シーリングも傷んできて隙間があいてきます。
 


メンテナンスとしては、塗装の塗替え工事・外壁の張替え・張り増し工事をご提案しています。
塗装については、外装用の塗料も様々ありますが出来れば撥水性の高いものを、張り増しについては、条件にもよりますが金属製のサイディングをお勧めしています。
 
梅雨に入り、雨が多いこの時期や台風等での過酷な気象条件から建物を守っている外壁をメンテナンスする事をお勧め致します。
既設の状態や予算・工期等に応じて施工方法は変わってきますが、ご相談に乗らせて頂きます。
 

※1窯業系サイディング:セメント繊維質を混ぜて、軽量化と強度強化を実現したサイディングボード
※2シーリング:気密性や防水性の為施工される、隙間を埋める目地材の総称
 

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK