福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

リノベーション日記 RENOVATION DIARY

現場日記

造作・仕上げ

浅野 明代
工務スタッフ:
浅野 明代
RENOVATION DATA リノベーション
S様邸
福井市
工期予定
8ヶ月
施工面積
30.36坪
築年数
48年
家族構成
ご夫婦(60代)、息子夫婦(30代)、孫

ハーフリノベーション

リノベ前の問題点

・農業振興区域にあり建替えが難しい、公図の混乱地域でリノベーション計画も難航
・間取りの問題(2世帯では住みにくい/建物は大きくスペースはあるが、快適なゾーンが少ない)
・海に近い立地で、潮風と強い日差しにより外壁の痛みが激しい

リノベ後の改善点

・問題を整理し、資金計画の見直し&予算にあった間取りで計画をスタート
・若世帯と親世帯のエリアを明確に分離し、仲良く上手に住まえる間取り提案
・南に面していないが明るく・開放的な新たな若世帯LDK
・親世帯も断熱性能を改善し、快適に
・外壁は焼杉板に交換
床材の施工です。
無垢(天然木そのものを使った素材)のナラ材に自然塗料で塗装してあり、足触りも優しく温かみのある床仕上げになっています。



内部下地施工です。
カーテンの下地や棚の下地など、後で取り付けるものが分かっている場所に予め下地を入れておきます。



耐火ボードのみではビスが効かず、思う場所に付けたいものが付かない場合があります。



既存のクロス仕上げ材の上にベニヤを張り、クロス仕上げの下地とします。
既存の壁を解体することなく、キレイにすることが出来ます。



外部下地施工
です。
煙突部分には板金を張り、外壁部分には杉板を張ります。



既存の瓦屋根に煙突を設置しました。
瓦に合う色をチョイス、板金で仕上げてあります。
煙突の水上部に雪が溜まらないように雪割を設置してあります。



外壁は焼杉(耐久性を増すために、杉板の表面を焼き焦がし炭素層を人為的に形成したもの)で仕上げ、このお宅に合う外観の仕上げになりました。



既存の天井を残し、開放感あるリビングとなっています。
新しく入れた柱や窓枠なども既存の色に合わせ、一体感のある空間となっています。



縁側の床仕上げは既存のままの予定でしたが、お客様の要望で畳敷きに変更となりました。


 
S様邸日記(福井市)
完成 
完成 
造作・仕上げ
造作・仕上げ
出会い・調査・ご提案
出会い・調査・ご提案

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK