現場日記

解体・構造補強

宮川 治之
工務スタッフ:
宮川 治之
RENOVATION DATA 民家再生
O様邸
鯖江市
工期予定
12ヶ月
施工面積
53.78坪
築年数
50年
家族構成
ご夫婦(50代)、子2人、親夫婦(90代)

フルリノベーション

リノベ前の問題点

・河川敷付近に建っており、水害が不安
・風雪害など自然災害で傷みにくい住まいにしたい
・昔ながらの伝統的民家の外観を残したい
・定年後も、快適に暮らせるようにしたい
・居間が家事動線上にあり、落ち着かない

リノベ後の改善点

・曳舞工事を行い、建物の高さを上げる
・屋根、外壁の形状をシンプルにするなど、メンテナンスが少なく済むようにする
・傷んだところを修繕しつつ、福井の伝統的民家らしい外観や玄関を計画
・建物全体に新たに断熱工事を行い、階段も緩やかにするなどバリアフリー面も改善
・居間は小上がり畳リビングにし、キッチン・水回り動線と重ならないよう間取り変更
今回は根上げ工事も含んだ大規模な民家再生工事です。
仮設工事・引越し工事も終わり、いよいよ解体です。



根上げ工事という事で、まずは基礎と建物を切り離せる様、一階の壁を全て壊していきます。
土壁や竹小舞(「タケコマイ」伝統的な和風住宅の土塗壁の下地に使う細長い材のこと)も分けながら解体していきます。







基礎の解体はジャッキアップ(家そのものを持ち上げること)後に解体します。
一階の解体が終わり、根上げをしていきます。





全体に組んだら、少しずつジャッキアップしていきます。
少し上げては架台を積み直し、最終的には建物の下で作業が出来る様1m近く上げていきます。





根上げが済み、既存の基礎解体を行います。
作業がしやすい様に高めにジャッキアップしています。
外周部は重機を使いますが、重機が入れない所は手作業になります。







砕石は根上げの前に敷き詰めましたが、既存の基礎を解体した後、新たな基礎を作ります。
今回は元々の床高より35兢紊欧觀弉茲任靴拭
床下換気も十分に確保できる高さです。
基礎は配筋(鉄筋を配置すること・組み立てること)等は新築の基礎とほぼ変わらない仕様です。














 
O様邸日記(鯖江市)

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK