お客様日記

「デッドスペース・収納不足・寒い」の三重苦が見事に解決

福井市
N様

■お住まいデータ■

築年数:30年 施工面積:41.89坪 家族構成:夫婦(60代)・子(20代)
 

<After>


<Before>

LDK

以前は居間と台所、客間に仕切られていましたが、
仕切りをなくし広いLDKになりました。
小上がりの「畳の間」はごろんとなれて、
お気に入りの場所になったようです。
 
 

「リノベーションの豊富な実績があり、住宅性能が新築同然になるなら」と永家舎にリノベーションを依頼していただきましたN様。
築30年の住まいは、「デッドスペースが多い・収納が足りない・寒い」の三重苦でした。
 
そこで3室に分かれていた、居間・台所・客間の仕切りを取り払い、開放的なLDKに。
壁には越前和紙、床はナラのムク材を使い、和モダンな雰囲気に仕上げました。
中でも、使っていなかった客間は、小上がりの「畳の間」にすることで、家族がくつろぐ憩いの場所に生まれ変わりました。

デッドスペースだった客間の押入れ、廊下、インナーガレージは、それぞれ玄関収納、壁面収納、ファミリークローゼットになり、収納力もぐんとアップしました。

 

玄関

造作の靴箱は、ご主人の趣味の陶芸作品を飾る
ギャラリーとしても活用しています。
玄関入って右側の玄関収納は、
ご長男様の趣味であるスノーボードなど
スポーツ用品を収納できるようにしました。

 
 

多目的スペース

洗濯室の前には壁面収納を設けて、
洗濯後の家族の服を収納します。
奥には玄関から直接つながるファミリークローゼット兼着替え室があり、
動線を意識した間取りになっています。
 
 

また、断熱性・気密性を高めて、エアコン1台で家中どこにいても快適な住まいに。
「寒かった脱衣室も暖かくなり、ヒートショックの心配がありません」とご主人はおっしゃります。
 
三重苦をすべてクリアしたN様邸は、住み心地も抜群の住まいによみがえりました。
 
 























 

キッチン

アイランドキッチンの背面にはモザイクタイルを施して
室内のアクセントにしました。
 

トイレ

腰板や陶器の洗面ボウルが、
以前の住まいからあった障子とマッチして、和モダンの空間に仕上がりました。

 

<After>


<Before>

外観

外観はそのままに、外壁の化粧直しのみ行いました。
新しくウッドデッキも設けました。
 

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK