現場日記

解体・構造補強・断熱対策

瀬先 周平
工務スタッフ:
瀬先 周平
RENOVATION DATA リノベーション
Y様邸
大野市
工期予定
5ヶ月
施工面積
25.64坪
築年数
45年
家族構成
ご夫婦(50代)、母

ハーフリノベーション

リノベ前の問題点

・夫婦の寝室を1階にして、平屋にできたらしたい
・豪雪に備えて雪下ろし対策をしたい
・畑仕事の後に、一休みできるスペースが欲しい
・お風呂はゆっくり夜空を見ながら入りたい
・少しでもメンテナンス面の負担を少なくしたい

リノベ後の改善点

・1階の使われなくなった和室を、クローゼットのある夫婦別室も可能な寝室へ
・別建ての車庫を解体し、ビルトイン型の車庫を新設
・サンルームとリビングから出入りできるウッドデッキを計画。
・夜空を見る為の、目隠し面格子を設置。
・屋根と外壁は耐久性に優れたガルバニウム銅板で仕上げます。
解体後の状況はでは給水管は鉄管の為ボロボロになっていたので、すべてやり替えました。



和室の(ツカ:2階の梁の上や1階の床下などに立てる短い柱のこと)が一部シロアリに食べられていた為、



全て銅製の束に交換しました。



構造的には特に問題はありませんでしたが、柱を抜く箇所が多々ありましたので補強が必要でした。

基礎は複雑に入り込んでいた為、
人通口を空けたり風が通るように問題のない箇所は一部壊したりもしました。
柱を抜いた場所は梁を入れて補強をしました。



雪国という事もあり補強材は少し大きめの梁を検討しました。



既存筋交いは細かった為、当初は一部使用する予定でしたがすべてやり替えました。
また制振ダンパーにて+αの補強も行いました。





断熱材について、床はパイナルフォーム(断熱材)を入れ



壁はイソベール(断熱材)+気密テープ貼り



天井はロックウール(断熱材)+気密シート貼りにて施工しました。



また、床の下地はそのままで断熱材だけを入れる施工も行いました。
こういった、部屋ごとにリフォームとリノベーションを分ける事で予算内でしたい事ができます。
Y様邸日記(大野市)
完成
完成
造作・仕上げ
造作・仕上げ
出会い・調査・ご提案
出会い・調査・ご提案

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK