現場日記

出会い・調査・ご提案

大久保 裕幸
建築デザイナー:
大久保 裕幸
RENOVATION DATA 民家再生
M様邸
越前町
工期予定
5ヶ月
施工面積
55.24
築年数
90年
家族構成
ご夫婦(40代)、子ども(3人)

ハーフリノベーション

リノベ前の問題点

・暗い北側のダイニング
・トイレの位置が玄関を挟んだ向こう側にある
・子ども達が大きくなり、3姉妹それぞれに勉強部屋を用意したい
・古い玄関
・外壁・瓦の痛み

リノベ後の改善点

・LDKは日当たりの良い南東側に。屋根のあるウッドデッキで、中とも外とも繋がる中間領域を設置。
・動線を考え、LDKから温度差なしで、洗面・干場・脱衣室・着替え室・寝室まで行き来できる間取りの提案
・夫婦の寝室は1階へ、2階に子ども部屋を3つ用意
・玄関には脇収納を計画。中外の印象が変わるように計画
・住まい診断を行い、優先順位を付けた提案
今年の3月に開催した「空き家になった祖父母の家を自分らしくオシャレに再生」の完成見学会。
両親の家と祖父母の家、どちらの家をリノベーションして暮らそうか?
と検討中のM様ご夫婦がお見えになりました。



最近では、空き家になった家を親族間で持て余して、お困りになられている方が増えているように実感します。
M様には実邸の見学会と展示場、さらに相続セミナー・収納セミナーなどに参加頂き、
検討をお手伝いさせて頂きました。



御家族との相談も行って頂き、次男の御主人様は、現在も住んでいる祖父母の家をリノベーション。
長男であるお兄様には、両親の家を引き継いで頂く事に決まりました。


祖父母の家は、築90年の石場建ての民家
外壁や屋根については、一度もメンテナンスしていない部分には雨漏れ被害があり、
獣の侵入やカビくさい匂いへの不満もあるようです。
外部の修繕に関しては、福井の伝統的民家の助成金を利用していこうと思います。



内部は、御結婚当初に浴室廻りを一度リフォーム。
キッチンやリビングは、自分達で、建具や壁を白く塗装されていました。
見た目も素敵な流行りの家電などもあり、
民家暮らしというよりおしゃれでスタイリッシュな暮らしを望まれているように感じました。






奥様の為に、キッチンと水廻り・干し場の導線を考慮
さらに、干し場から着替え室・寝室への導線も計画します。
3姉妹の為に、脱衣所と洗面室は分離。



まだまだ、リビングで家族いっしょに暮らす事が多いそうなので、南東側には屋根のあるウッドデッキを計画予定。中とも外ともつながる中間領域をつくります。
リノベ後には、休日に家族でバーベキューを楽しむそうです。完成が楽しみですね!



さらに、リビングでの会話が弾むように、TVはLDKそれぞれから見やすい位置に配置する予定。



元々、お姉ちゃんたちの勉強机が並んでいたスペースは、家族で使えるワークスペースをつくります。



2階にお子様たちの子ども部屋をつくる事も今回の工事の目的のひとつ。
傷んでいた個室を断熱し、綺麗に住みやすくリフォームします。
 
M様邸日記(越前町)
出会い・調査・ご提案
出会い・調査・ご提案

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK