<--== h1 ========================================-->

福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

耐震+制震リノベーション 耐震+制震リノベーション

耐震+制震リノベーションで
安心できる暮らしを。

甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災以降も、
東日本大震災、熊本地震など、
大地震の被害は後を絶ちません。
建築時期が古い建物は
被害の可能性も大きくなります。
リノベーションで耐震性能を高める
方法をお伝えします。

プラス

耐震

「耐震」とは、基礎の強化、壁を増やす、
柱と土台を耐震金物で固めるなど、
住まいの構造体そのものの強度を高め
地震の揺れに耐え、建物の倒壊を防ぎます。

制震

「制震」とは、建物に組み込んだ制震装置で
地震のエネルギーを吸収し、揺れを抑制します。
この二つを組み合わせることでバランスがよくなり、
より地震に強い安心できる家になります。

永家舎では専門資格を持ったスタッフが
しっかりと調査した上で、
それぞれの住まいの構造体、状態に合わせ
耐震性能を高めていきます。
基礎や床、柱・梁・壁を耐震補強し、
さらに制震ダンパーを取り付け
大地震からのダメージを最小限にとどめます。

基 礎

基 礎

建物が建てられた年代や構造の形式に合わせ、
効率のよい補強工事を行います。

耐 震

耐 震

耐力壁や筋交いをバランスよく配置し、
金物で補強。
シロアリなどで劣化した柱も交換、補強します。

Arrow

制 震

制 震

制震ダンパーを設置して
大地震の揺れを吸収。
繰り返しの地震にも効果を発揮します。

費用をかけ過ぎずに
耐震性能を高める
耐震診断を受けたものの費用がかかり過ぎて諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。永家舎ではリノベーションと同時に効率的に「耐震+制震」補強を実施し、安価で地震の揺れを大きく軽減できる制震ダンパーを設置して、実現可能な補強をご提案します。
耐震基準不適合住宅に
耐震等級3レベルの安全性を
永家舎では徹底した調査のもと、基礎・柱・壁を補強し、まず耐震等級1(建築基準法の耐震性能を満たす)、さらに制震ダンパーを設置して耐震等級3レベル(1の1.5倍)が可能に。新築同等かそれ以上の強度を確保でき、繰り返される地震からも大切な家を守っていきます。

住まいへの夢と思いを
リノベーションで実現するために

ご自宅でリノベーションの実例を見て知る

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK

▲PageTop