<--== h1 ========================================-->

福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

年中快適、断熱施工 年中快適、断熱施工

古い家でも
年中快適に過ごせる
断熱施工をご提案。

古い家は断熱性能が悪く夏暑くて冬寒いため、
住む人の身体への負担が
大きくなり光熱費もかさみます。
断熱施工を行えば古い家でも高気密高断熱が可能で、
「夏涼しく、冬は暖かい」快適な暮らしを実現できます。
また断熱性能が高い家は
外気の影響を受けにくくエアコンがよく効くので、
小さなエネルギーで家の中を快適に保て、
少ない光熱費で四季を通じて
快適に暮らすことができます。

福井(北陸)は怖い
ヒートショックの多発エリア。

福井の夏は蒸し暑く、冬の寒さもこたえます。
特に冬場の家の中で、寒暖差によるヒートショックが
家庭内で事故にあう方は少なくありません。
ヒートショックを未然に防ぐためにも、
断熱によって家中の室温を
一定に保つことが大切です。

築30年くらいの住宅の
断熱構造の問題点と改善ポイント。

問題点

築30年くらいの住宅では
断熱材の性能や施工が不十分で、
つぶれて薄くなり断熱性能がなくなったり、
壁体内の水蒸気を外部に排出する通気層がない、
隙間から冷たい空気が入り込み、
内部結露が起きやすいなどの原因で、
カビ、シロアリが発生しやすく
なっていることがあります。

  • 壁体内結露
    断熱材が水を含みカビが発生し、柱が腐っている。
  • 床下結露
    床下の結露により白アリが発生し、土台・床材が腐朽。
改善ポイント

断熱施工のポイントは
気密工事と壁体内の結露対策です。
隙間なく断熱材を入れ、床と壁・壁と天井の
つなぎ目や間仕切上にできやすい
隙間に気流止めを行い気密性をアップ。
室外からの熱気・冷気の流入を減らし、
室内の暖かさ・涼しさは外に逃げづらくなり
「夏涼しく冬は暖かい」暮らしを実現します。
また室内側に防湿層を施工し外壁側に
通気層を設けることで壁体内結露を防ぎ、
断熱材を長持ちさせて断熱効果を長期間保ちます。

永家舎・リノベーション時の断熱施工

  • 根太レス(剛床)工法の床組
    根太レス工法/大引を井げた状に配した床組。
    隙間なく断熱材を入れます。
  • 床・壁

    床・壁の気流止め
    床組の上に直接構造用合板をのせます。
    壁と床の接合部分に隙間ができません。
  • 壁・天井

    間仕切りの気流止め
    部屋と部屋の間仕切り(壁・天井付近)も
    気流止めを行います。
  • 壁・天井

    壁・天井間の気流止め
    防湿フィルムが一体となった断熱材を
    天井より上の桁下まで施工します。
  • 壁・天井

    防湿層の施工
    防湿フィルムを壁と天井の隙間を
    なくすよう施工し、暖房や炊事で発生する室内の
    水蒸気を壁体内に入れません。
  • 床・壁・天井

    断熱区画
    外に面した部分の断熱だけでなく、断熱改修を行わない部分との間仕切りにも断熱施工を。

永家舎・リフォーム時の
断熱施工

※解体工事を行わない場合

  • 根太間断熱(和室)
    床板を剥がし、根太を残しながら間に断熱材を入れます。解体費用が抑えられます。
  • 吹付断熱材(アクアフォーム)
    床下から根太、床板を残したまま、隙間を生まないように断熱材を吹き付けます。
  • 天井

    天井断熱リフォーム
    ロックウールという断熱材を既存の天井の上に敷き込み、既存天井を残したまま施工。
  • 内窓設置(インナーサッシ)
    既存の窓枠内にもう一つ窓を設置。既存サッシを残したまま施工し、短期間で工事が完了。

断熱施工のメリット!

住まいへの夢と思いを
リノベーションで実現するために

ご自宅でリノベーションの実例を見て知る

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK

▲PageTop