福井の住まいの民家再生・リノベーション・リフォームは永森建設永家舎(えーうちや)

リノベーション日記 RENOVATION DIARY

現場日記

造作・仕上げ

浅野 明代
工務スタッフ:
浅野 明代
RENOVATION DATA 民家再生
K様邸
越前市
工期予定
7ヶ月
施工面積
38.17坪
築年数
45年
家族構成
ご夫婦(40代)、親夫婦(70代)、子3人

ハーフリノベーション

リノベ前の問題点

・現在の住まいの間取りが不満
・家自体は広いが暗い部屋が多い
・外装、内装を古民家っぽく一新させたい
・駐車スペースを広くしたい

リノベ後の改善点

・部屋の場所をガラッと変えるリノベーションをご提案
・南に面する部屋を家族が集まる部屋に置き換えた
・外壁はモノトーンで整え、内装は構造材が見えるよう古民家の雰囲気にコーディネート
・車庫をなくし、駐車スペースをしっかり確保
玄関の位置を替え、新しい玄関は大工さんが手作業で加工して建てました。





外壁は、部分的に「箱下見」という板と※エツリを組み合わせて出来てきました。

※:かやぶき・藁ぶき屋根や土蔵の壁の下地材





外部の角見切りの断面です。
外部の木は季節や天気によって多少伸び縮みがあります。
隙間が出来ないように組み合わせます。




玄関の上がりの※框(カマチ)に幅広のタモの一枚板(面皮付き)を使いました。

※床の間や玄関の部分に横に入れる化粧材



内・外装とも民家の風合いがご希望で、内部の塗料に※いろはを使用。
オイル塗料で、塗った後ふき取りの工程があるため、プロでなくても塗れます。
思い出作りとメンテナンスの勉強も兼ね、お客様自ら塗る事を提案しました。
(思ったより大変だったそうですが、子どもさんも一緒にご家族全員で塗られたそうです。)

※:アールジェイ株式会社 日本古来の天然顔料であるベンガラ基となる自然塗料



新しい材料も古い材料も同じいろはを塗りました。
新しいものと古いものが上手くなじみました。


K様邸日記(越前市)
完成
完成
造作・仕上げ
造作・仕上げ
出会い・調査・ご提案
出会い・調査・ご提案

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK