100年先まで安心!
地震に強い住まいに

POINT5

POINT5

地震に対する不安がなくなるよう
耐震補強を徹底し、
世代を超えて安心して住み継がれる家に生まれ変わらせます。

建築基準法は1950年の制定以降、大きな地震があるたびに見直され、
築年数により建築形態が変化しそれぞれで問題点・ウィークポイント・耐震補強の工事内容も変わってきます。
永家舎では耐震診断士が綿密に調査し検討した上で、最も適した耐震補強を施します。
暮らしを快適にするための間取りや設備の変更も大事ですが、家族の生命を守るためのリフォームはもっと大切です。
いつまでも安心して暮らせる強い家に生まれ変わらせます。

伝統工法の耐震補強

  • 基礎補強

    基礎補強

    石積みの基礎を鉄筋コンクリートの基礎で補強、連続性をつくり、耐震を高めます。

  • 礎石補強

    礎石補強

    地震時の礎石の破壊や柱の脱落を防ぐため、コンクリートを増打ちします。

  • 根継ぎ

    根継ぎ

    通し柱や大事なケヤキの中柱は、熟練棟梁の技で腐食の激しい根本部分を切り取り、新しい木材を差し込みます。

  • 柱根補強

    柱根補強

    石の上に乗っているだけの柱の足元を補強するため、鉄筋コンクリートの基礎とヒバの土台で四方からしっかり固めます。

  • 曳舞

    曳舞

    建物を解体せず他の場所に移動させる工事です。同時に石場建ての基礎から鉄筋コンクリートの基礎に再生します。

  • ジャッキアップ

    ジャッキアップ

    ジャッキアップは、不同沈下の補正や部分的な基礎補強時に行う、小規模な曳舞工事です。

  • 床補強

    床補強

    床も大事な構造のひとつです。床の傾きの調整と共に補強をしていきます。

  • 制震ダンパー

    制震ダンパー

    柱と梁の接合部に設置し建物の揺れを抑え、構造体の損傷が軽減。改修した部分だけに施工しても効果的です。

在来工法の耐震補強

  • 基礎補強

    基礎補強

    石積みの基礎を鉄筋コンクリートの基礎で補強、連続性をつくり、耐震を高めます。

  • 柱・梁補強

    柱・梁補強

    傷んだ柱・梁の入れかえ。間取り変更の場合は、欠損部分の埋め木、添え梁による補強を行います。

  • 筋交い・パネル補強

    筋交い・パネル補強

    筋交いや耐力壁で耐震性を向上。土壁の場合は耐力性能があるので壊さず、ダイライトで通気性・耐久性を高めます。

  • 制震ダンパー+金物補強

    制震ダンパー+金物補強

    柱と梁の接合部の補強等に補強金物を施工。また制震ダンパーを設置し建物の揺れを抑え、構造体の損傷を軽減させます。

耐震診断

  • 耐震シュミレーション

    耐震シュミレーション

    建築年代別に適切な耐震補強をご提案いたします。木造在来工法の建物は耐震シュミレーションを提出いたします。

  • 耐震診断士

    耐震診断士

    永家舎では耐震診断士の資格を持つ建築デザイナーが在籍しており、住まいを徹底的に調査し補強方針を決定します。

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK