現場日記

解体・断熱

工務スタッフ:
RENOVATION DATA リノベーション
I様邸
越前市
工期予定
5ヶ月
施工面積
44坪
築年数
28年
家族構成
ご夫婦(30代)、お子様3人、親夫婦(60代)、祖母

フルリノベーション

リノベ前の問題点

・家族構成が変わって間取りが使いにくい
・地震に強い家にしたい
・冬が寒い
・水まわりを使いやすくしたい

リノベ後の改善点

・将来を見据えた2世帯の間取りに
・耐震性能の向上と制震ダンバーの設置
・断熱材を充填し現在の家に見合った断熱性能に
・どこからでもアクセスできる動線プランに
計画当初、2階の壁・天井は部分的に残す予定でしたが、お施主様の希望によりすべて解体することに。





天井・壁は断熱材がしっかり入っていましたが、床の断熱は本来なら壁や天井に使われる断熱材が施工されていました。



古い柱・筋交はなるべく入れ替えを行い、間取り変更に伴う筋交いの追加も行いました。制震ダンパーをバランスよく設置したことにより、地震の力を逃がすだけでなく繰り返し地震に対しても効果を発揮します。



間取りの変更に伴い柱を撤去する部分には補強桁を設置することにより強度を確保。
特に2階のセカンドリビング部分は長いスパンを飛ばす為、添え梁を設置するだけでなく構造用板で補強を行いました。





床には厚さ90个涼杷材パイナルフォームを設置。田の字に組んだ床下地に隙間なく敷き詰めることにより、底冷え等を防ぎます。



壁には高性能グラスウールを設置。間柱にしっかり留め付け、グラスウール同士の隙間を気密テープで塞ぐことにより気密も確保します。



天井にも断熱材を敷き詰め、気流止めを行います。
床・壁・天井を断熱材ですっぽり包むことで夏涼しく冬暖かく過ごせます。

I様邸日記(越前市)
完成
完成
造作・仕上げ
造作・仕上げ
解体・断熱
解体・断熱
出会い
出会い

SNSで最新情報を発信!

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK