リノベーション日記RENOVATION DIARY

スタッフ日記
民家再生の左官職人
浅野 明代
工務スタッフ:
浅野 明代

こんにちは、工務課の浅野です。

私たち永家舎が手がける民家再生には、
熟練の職人さん達の存在は不可欠です。
ということで、今回は左官屋さんを紹介します。




昨今の建築現場において、
左官屋さんが扱う材料といえば、
接着剤が入ったモルタルや土壁風の
薄塗りの壁材が多いです。

しかし民家再生では“荒壁”と言うのですが、
壁の中身まで土壁になっているので、塗り替えとなると、
まず土を扱えなければなりません。
下地の中塗り土などは自分で作ったりもしています。



剥がれかかっていたり煤だらけの壁をこそぎ落とし、
藁やスサが飛び出たデコボコの荒壁を
中塗り土で平滑に塗ります。

漆喰仕上げとなると、その後“砂漆喰”という、
漆喰に細かい砂を混ぜた下塗をもう一度塗り、
その後やっと仕上げの漆喰塗り、となるわけです。



こんなに大変な仕事、
好きでなければ出来ない仕事ですよね?

当社がいつもお願いしている左官屋さんは、
ご自宅も木舞壁を塗られたのですが、なんと材料の土も
自分の田んぼから作るという徹底ぶりでした。
こういう職人さんがいてこそ、
永家舎の民家再生がやって来られたのだと思います。

他にもまだまだ紹介したい職人さんがいます。
それはまた次の機会に……


工務課 浅野

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK