リノベコラムRENOVATION COLUMN

堀江 敏信

性能と快適

建築デザイナー:堀江 敏信

そろそろ、2020年改正省エネ基準義務化!!

基準の明確化と計算ソフトの充実で、
容易に住まいの性能を試算出来るようになった事は
すごく、喜ばしい事です。
簡単に数値を出せて性能を明示できます。

しかし性能を謳えば、何かすごくみんなに快適で
良い住まいを提供出来ている様に感じてしまいます。

世間でも、TVやチラシを見ていると、性能が良い家が
一番快適な家だと思わせている様な気がします。

本当に、性能いい! → 快適!!な住まいに
なるのでしょうか?

確かに、性能のいい断熱材をいっぱい押し込み・
窓を小さく・性能抜群のサッシを組み込めば、
すぐに誰にでも、性能値的に
【冬 暖かそう・夏 涼しそう】な住まいが
出来上がります。

雰囲気、窓の小さな「ハイジのおんじ」の山小屋も素敵です。
私も大好きです。
でも、サツキとメイの家はもっと大好きです。

ただ、万人がそれを快適な住まいだと
思うかどうか?です。





性能値的には不利ですが、大きな窓が大好きな方も
居られるのではないでしょうか。
外部(外の空気や緑やお日さま)をいっぱい感じたい方も
居られるのではないでしょうか。
人それぞれで、快適に思う事が違います。


私達がすることは、
性能の追求から快適さを図るのではなく、
いかに設計の力で、性能を補てんし
心地よい住まいを提供できるか。

性能を無視していいと言っているのではありません。
同じ外皮計算値でも、断熱性能は違います。

建物をよく理解し、そこに住まう家族が思う
快適さの追求から、最善の性能を極める事でしょう。


設計デザイナー 堀江 敏信

他のコラム

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK