リノベーション日記RENOVATION DIARY

スタッフ日記

民家再生の塗装

浅野 明代
工務スタッフ:
浅野 明代
こんにちは、工務課の浅野です。
今回は塗装についてご紹介したいと思います。


民家再生・リノベーション工事において新築と違う事は、
ただ好みの色に仕上げれば良いということだけでなく、
・もともとの民家の趣を損なわない
・既存部分からあまり浮かないようにする
といった点にあります。

福井の民家は内部に漆を多用しています。
もちろん本漆で新材や古材の塗り直しが
出来ないわけではありませんが、
費用がかなりかさんでしまいます。
そこで様々な材料を使い、調色し仕上げます。





木製建具や家具などは工場で塗装しますが、
調色する様子はあたかも理科の実験室のようです。






外部は、古材に塗装すると明るい色は
きれいに仕上がりにくいため、
暗めの濃い色が多いです。
民家の白壁にも良く合いますしね。






また、たまにですがお客様に塗ってもらうこともあります。
自然塗料を使い、実際に使用する材料を塗って
いただければ思い出になりますし、
愛着もわき、メンテナンスのやり方もわかり、一石三鳥です。





大工さんの丁寧な造作が
塗装により生き生きとした表情をもってくる様子は、
いつ見てもわくわくします。
 

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK