リノベーション日記RENOVATION DIARY

スタッフ日記

京都に行ってきました!

竹内 一貴
建築デザイナー:
竹内 一貴

こんにちは。営業設計課の竹内です。

1月に入り、やっと冬本番という寒さになってきましたね。

しかし、去年のあの豪雪と比べると
あまりにも雪が降らないので、
少し拍子抜けしております。

 

 

さて昨年秋の話になるのですが、
ぜひとも行ってみたかった建物が京都にあり、
観光も兼ねて出かけてきました。

 

 

この建物、何のお店だと思いますか?

一見すると、ちょっとぼろぼろの建物に
見えなくもないですが…

 

京都の南禅寺に近い、
町屋が数多く立ち並んでいる通りにあるこのお店、
実は古くからある町屋の一つを
カフェに改装したお店なんです。

店名は「ブルーボトルコーヒー」、
設計は建築家の長坂常さんです。

 


 

中に入るとこんな感じになっています。

平日にも関わらずなかなか混んでいて、
席が簡単には見つからないほどでした。

 

 

外にはこんなスペースも。



 

なんだか建物を解体している途中で止めたのでは?
と思ってしまいますよね。

 

これは柱・梁など主な構造体は残しつつ、
壁や天井・床など、表面の仕上げを
あえて解体の途中段階でとどめることで、
建物の内装の仕上がりとしてみせています。

また、そこにガラス、テーブルやイス、
コンクリートの床など
必要最小限な要素だけを加えています。

 

モノを足していくのではなく、
余計なものを取り除いていき
本当に必要なものだけを残しており、
かえってすっきりとした美しい空間に感じられました。

 

 

私たちの「リノベーション」という仕事も、
もともとある建物に対し一部分を取り除いていく一方で、
必要な部分を足し合わせていって、お客様にとって、
ベストな状態を探っていくコトであると思っています。

今まで見たことのない雰囲気のカフェで、
同じ建物の改修でも、こんなやり方もあるのか
と、大変刺激的でした。

 

行ってみないと分からない良さもあるかと思います。

京都、南禅寺にいかれる際は、
ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

インスタグラムInstagram

FOLLOW US ON Instagram

FOLLOW US ON FACEBOOK